ランキング

  • no1img

    協和発酵バイオ オルニチン
    no1p
    アミノ酸の宝庫「しじみ」。しじみは他の食材より多くふくんでいます。取るために毎日食べるのは大変。しかし、協和発酵バイオの「発酵技術」によりもっと手軽に取れるサプリが登場しました!
  • no1img

    協和発酵バイオ オルニチンドリンク
    no2p
    協和発酵バイオから凝縮したドリンクタイプが登場!これ1本でしじみ3600個分が含まれています。お酒が好きな方に翌朝のすっきり感をあじわいたいならコレでしょ。
  • no3img

    自然食研 しじみ習慣
    no3p
    株式会社自然食研から28種の栄養成分を2粒に凝縮したサプリメント「しじみ習慣」が登場です。体をより良い方向にもっていく栄養素もしっかりととれることから多くの支持を集めています。

オルニチンという栄養素は疲労回復に最適!

年齢を重ねると、飲み過ぎの翌日は特につらくなりますよね?
朝がすっきり起きられないだけでなく、午後の会議すら集中できない、極端な場合は次の次の朝までつらいという場合もあるかと思います。

飲み過ぎだけではありません。
年齢を重ねると食べ過ぎ、睡眠不足、ストレスが原因で疲労困憊(こんぱい)になり、
なかなか元気が戻らなくなってしまいますよね?

例えばお酒の飲み過ぎであればしじみ汁がいいといった話がありますが、
同じように加齢に伴うさまざまな疲労を解消してくれるような食べ物があれば便利です。
そこで今回は、厚生労働省や各研究機関の情報を参考に、疲労回復に役立つ食品や栄養素をまとめたいと思います。

疲労回復にはアミノ酸の一種、オルニチンを積極的に摂る

お酒を飲み過ぎた夜や次の日の朝には、しじみ汁がいいと言われています。
経験則による昔の人の知恵ですが、実はこのしじみ汁にはアルコール性の疲労だけではなく、
ストレスや寝不足による疲労も解消してくれる力があるとご存じでしたか?
しじみ汁には、正確に言えばシジミには“オルニチン”と呼ばれるアミノ酸の一種が含まれていて、
この栄養素がアルコール性の疲労のみならず、各種の疲労回復にも役立ってくれる
のです。

そもそも疲労とは、人体の活動とともに生まれる毒性の強いアンモニアがたまって起きると言われています。
そのアンモニアは肝臓で毒性の弱い尿素に分解され、
さらに尿素は腎臓によって分解され最終的に尿として体外に出されます。

しかし、アルコールの過剰摂取や睡眠不足、ストレスによって肝臓の働きが落ちると、
このアンモニアの分解が遅くなります。アンモニアの分解が遅れれば当然、体内にはアンモニアがたまります。
アンモニアがたまれば疲労感が強くなり、例のすっきりしない感じが肉体に出てくるのです。

肝心要という言葉は昔“肝腎要”と書きました。人間にとって“肝”臓と“腎”臓の働きは生命を維持するために重要なのだと、
この漢字からも分かりますね。肝臓と腎臓がうまく働かないと、人間は透析をして生命を維持しなければいけません。
その重大な肝臓の働きをサポートする栄養素が、アミノ酸の一種であるオルニチン
なのです。

オルニチンは食品から摂取しにくいという弱点も

ただ、弱点があります。オルニチンはシジミに多く、
その他はキハダマグロなどに少し含まれているのですが、食品からの摂取が簡単ではないのです。

例えば1日に必要なオルニチンの摂取量は、400ミリグラムから800ミリグラムと言われています。
シジミ100グラム(35個ほど)に含まれている10.7~15.3ミリグラムです。要するに、
シジミだけで摂取しようと思えば、1日に1,400個ほど食べなければいけないのです。
現実的ではないですよね?

もちろんお湯を注ぐだけで食べられる、インスタントのしじみ汁もあるので、無理をすれば摂れるかもしれません。
しかし、市販のしじみ汁は塩分が多いので、毎日何杯も飲んでいると今度は塩分を過剰摂取してしまう恐れがあります。
かといってキハダマグロの刺身を毎日2,000切れ欠かさず食べられる人も居ないはずです。

そう考えるとやはりオルニチンは、サプリメントで積極的に補ってあげる必要があります。
他の栄養素と違って、頑張っても食品からでは十分な量の摂取が困難
だからです。

当サイトでも、日本で最も売れている協和発酵バイオなどのサプリメントをお勧めしていますし、
タブレットが苦手な人にはドリンクタイプも紹介しています。
オルニチンのみならず肝臓の働きを助けるタウリン、アラニン、ビタミンB12を一緒に摂れる
サプリメントもお勧め商品
としてリストに挙げています。

市販されている健康食品の中から、栄養素の量、安全性、値段、入手のしやすさ、
キャンペーン割引の有無など幾つものポイントを総合的に判断してお勧め商品を選定しました。
ある程度の年齢を重ねると肝臓の働きも衰えてくるので、若いころと同じようにエネルギッシュな毎日を送りたい人は、
オルニチンを健康食品からも摂取するようにしてみてください。

以上、肝臓と疲労、オルニチンの関係をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?
人間は血液から酸素と栄養素を吸収し、そのエネルギーを使って活動をします。活動すればその分だけ
二酸化炭素とアンモニアなどの不要な物質が発生します。その処理を引き受けている臓器が肝臓なのです。

この浄化サイクルが乱れると、最初は疲労が目立ち始め、間もなく食欲不振や注意力散漫などの状態になります。
単なる疲労だと軽く見て放置をすると、肝臓がいよいよ健康を害して、最後はけいれんや意識障害が始まります。
この段階まで行ってしまうと、肝臓が深刻なダメージを受けて正常に働かなくなっているので、
人工透析をして体の毒素を除去してあげなければ生命の維持すらできなくなってしまいます。

驚きですが、肝臓は80パーセントを切り取られても、残りの部分だけで働き続けるほど生命力が強い臓器みたいです。
しかも半年くらいの時間を掛けて、再び元の形に戻るとも言われています。それだけ生命力が強いので、
沈黙の臓器と言われるほど「弱音」を吐きません。逆にトラブルが起きても、
なかなか自覚症状が出てこないほど静かなので、知らないうちに病状を悪化させてしまいやすい臓器だとも言われています。

そう考えると、疲れや食欲不振、注意散漫という、普段から見過ごしがちな兆候こそが、
沈黙の臓器が見せる唯一の警告のサインだと言えるかもしれませんね。仮に今、こうした危険信号を感じているなら、
今すぐ動いた方がいいです。肝臓が体にたまった毒素を処理できなくなっている証拠かもしれません。
生活サイクルを見直し、食事やサプリメントで摂取して、
ダウンしそうな肝臓の働きをサポートしてあげてください。内科に診てもらう必要もあるかもしれませんよ。

新着記事情報

  • ただいま記事はございません